TAC

TACとは

TACのロゴ

TACとは『地域農業の担い手に出向く担当者』の愛称です。現在、JA事業は支店の統廃合等の合理化が進められていますが、一方で農業の担い手とJAの物理的・心理的な距離が生じることが懸念されます。

そこでTACは地域農業の担い手へ訪問活動を行い、営農における様々なご相談をお受けします。また、JA事業に関するご意見やご要望を伺い、JAがご提供する様々なサービスの向上のため生かします。

TACの目的

TACは現在、以下の目的をもって活動しています。

①担い手と一緒に、地域の絆を深めます。
②担い手と一緒に、JAグループの事業をより良くします。
③担い手と一緒に、食と農の懸け橋となります。

TACの由来

Team for Agricultural Coordination(農業コーディネーター)
T(とことん)A(会って)C(コミュニケーション)
トータル・アグリカルチャー・コンサルタント
卓越した、託される、開拓する

岐阜県の取組経過

平成18年度
JA岐阜中央会と共通機構「岐阜県JA営農支援センター」を設置「岐阜県下JA担い手支援マスタープラン」を策定。
平成19年度
マスタープランの「支援実施具体策要領」の活用を行い、JAの体制整備と担い手に対する個別対応を開始
平成20年度
めぐみの農業協同組合にてMAP(Megumino Agricultural Partner)の活動が開始。
平成20年度
東美濃農業協同組合にてTACの活動が開始。
平成21年度
ぎふ農業協同組合にてTACの活動が開始。
平成24年度
飛騨農業協同組合にてTACの活動が開始。

このページに関するお問い合わせは

JA全農岐阜 営農対策課へ
(058)276-5301