詳細

JAひがしみの中津川トマト選果場を機能向上しました。

2015年05月13日

施設設計課

精度の高い選別が可能に!

機能向上した選果場

JA全農岐阜は中津川トマト選果場選果施設整備工事の施主代行業務を完了しました。
本工事は「元気な農業産地構造改革支援事業」制度を活用し、岐阜県、中津川市、恵那市の補助金を受け、荷受設備、選別設備、製品搬送設備、製函・空箱搬送設備、情報処理設備の5項目の機能向上を行いました。

更新した選別機と箱詰め台

カラーカメラによる色分けが可能となり、今まで以上に精度の高い選別ができるようになりました。また、機器の自動化や作業効率の向上、搬送部の段差軽減を考慮した施設整備を行いました。
平成27年度産夏秋トマトの出荷は6月中旬からとなりますが、選果精度が向上したトマトの出荷が見込まれます。

JA全農岐阜では今後も、青果物の安全・安心ならびに品質向上に向けて農産物選果場などの施設整備にも積極的に取り組んでいきます。