詳細

「美濃いび茶」初共販会を開きました!!

2015年05月19日

園芸販売課

新緑のお茶の季節となりました

JA全農岐阜は4月28日、揖斐郡揖斐川町の美濃茶流通センターで、「美濃いび茶」初共販会を開き、生産者代表、JA、関係機関が集まる中、県内外の買参者が今年の出来を吟味しました。
美濃いび茶は、県内西濃地域で作られているブランド茶で、今年は4月中旬から降雨があったものの、凍霜害もなく、太陽の光を十分に浴びてじっくり育った新茶の品質は良好で「味・香り・水色」三拍子そろった良い新茶となりました。
初共販会には、JAいび川管内から29点(217.7kg)の新茶が上場され、買参者は時間をかけて試飲し、出来映えを熱心に確認していました。荒茶平均単価は4,421円/kgと昨年より214円/kg高い販売となりました。
近年お茶を取り巻く環境は、消費量の減少、茶価格の低迷で厳しい状況が続いていますが、生産意欲を最大限生かせるようJA全農岐阜として有利販売に努めていきます。

新茶の香りを吟味している様子

実際に試飲をして色や香りを確認する買参者