詳細

第67回岐阜県畜産共進会(肉豚の部)を開きました。

2015年08月17日

畜産販売課

JAぎふ管内農業法人森岡養豚が2年連続で最優秀賞を受賞

最優秀賞を受賞した農業法人森岡養豚(左)と購買者の株式会社丸明

一般社団法人岐阜県畜産協会とJA全農岐阜は、8月3日、岐阜市食肉地方卸売市場で「第67回岐阜県畜産共進会(肉豚の部)」を開きました。
この共進会は、益々激化する産地間競争に打ち勝つため、岐阜県の家畜改良の成果を検証し、今後の家畜改良、飼養技術の更なる向上と、養豚経営の安定に役立てることを目的としたものです。
当日は、県内の生産者20人から52組3頭ずつ計156頭が出品され、審査の結果、最優秀賞はJAぎふ管内の農業法人森岡養豚が受賞しました。今回、最優秀賞を受賞した肉豚は最上級位の「極上」に格付されており、外観、肉質共に優れ、非常に高い評価を得ての受賞となりました。農業法人森岡養豚は昨年度の共進会でも最優秀賞を受賞しており、2年連続の受賞となりました。
共進会後に行われたセリ市では、1㎏単価1,733円(税込)で、養老町の株式会社丸明が購買しました。
なお、今回のセリ結果については添付データをご覧ください。

ADOBE READER

PDFファイルをご覧になるにはアドビシステムズ社より無償で配布されているAdobeReaderが必要です。お持ちでない場合は、左の”Get Adobe Reader”アイコンをクリックしてください。