詳細

第三回JA-SS接客サービスコンテストが行われました。

2015年08月20日

石油課

接客サービスの向上を目指して!

出場スタッフと大会委員長でJAめぐみのの藤井松太郎常務

8月4日、JASS-PORT羽島で第三回JA-SS接客サービスコンテストが行われ、岐阜県内のJA-SSから22人のスタッフが出場しました。
セルフカーケア部門では大坪奈津紀さん(JAひだJASS-PORT冬頭)、セルフ基礎接客部門では岡崎友紀さん(JAひだ上呂SS)、フルサービス部門では若曽根志郎さん(JAサポート岐阜 JASS-PORT真正)が各部門の最優秀賞となりました。特別賞には多賀純一さん(JAにしみの福束SS)、また、JAひだが団体賞を獲得しました。

接客トークを披露する出場スタッフ(JAひだ上呂SS岡崎さん)

猛暑日の中でのコンテストでしたが、各スタッフは工夫をこらした接客サービス・トークを披露し、日頃の取り組みの成果を充分に発揮していました。
今後も岐阜県内のJA-SSでは利用されるお客様に質の高いサービスを提供し、顧客満足を高めることで、需要減となる石油業界での勝ち残りを目指していきます。