詳細

新米に備え、倉庫・共乾施設業務の基礎知識を深めました。

2015年08月26日

米穀販売課

ベテランの職員も基本的な知識を改めて確認しました

JA全農岐阜は、8月4日に農業倉庫・共乾施設担当者研修会を行い、県内の各JA担当者と公益財団法人農業倉庫基金(以下農業倉庫基金)、JA全農岐阜から計116人が参加しました。この研修会は、農業倉庫での適切な保管管理や、共乾施設での適切な乾燥調製の啓発を目的に毎年開いています。
会場では、米穀情勢報告と7月に行った農業倉庫巡回の結果概要報告、また農業倉庫基金による米麦保管・品質管理の講習がありました。その他、倉庫業務における適切な管理や入出庫時の留意事項、農業倉庫でのカビ事故の事例と対応策、共乾施設での事故防止など、倉庫保管業務・共乾施設業務の基礎知識を学びました。
参加者は、27年産米がスタートする前に改めて基本的な知識を確認することで、今後も適切な倉庫保管業務・共乾施設業務を行うことを確認しました。