詳細

自動車整備主任者技術研修会を開きました。

2015年11月17日

スターター分解・組立の実習の様子

JA自動車燃料事業協議会は、10月19日~20日に、岐阜県自動車整備振興会とJA全農岐阜機械センターで、「自動車整備主任者技術研修会」を開き、県内JA自動車整備工場の整備主任者16人が参加しました。
この研修会は、整備主任者の低燃費車などに関する新技術と整備技術の向上を図ることと、自動車整備事業の適正な運営に役立てるため義務付けられている技術研修会です。

実車の整備・装備の解説を聞き入る受講生

1日目の研修内容は、岐阜県自動車整備振興会による、環境にやさしい技術「ISS(アイドルストップ)」の始動装置、充電装置およびスターターの機能についての講義を受けた後、スターターの分解と組み立ておよび点検の実習を行いました。2日目は、岐阜スバル販売㈱の協力を受け「ピット作業時の災害防止」と「レヴォーグ車両の機構」の講義の後、「レヴォーグ」・「クロスオーバー」の実車を見ながらの装備・整備方法の解説を受けました。各JAの受講者は熱心に聴講し、講師への積極的な質問もあり、技術や知識の取得に向けた強い意欲が感じられました。
今回の研修成果を持ち帰り、日常業務に反映し、組合員のみなさまに還元していきます。