詳細

第62回近畿東海北陸連合肉牛共進会で「飛騨牛」が農林水産大臣賞!

2015年11月23日

畜産販売課

「飛騨牛」が最優秀賞(農林水産大臣賞)を奪還!

最優秀賞を受賞する㈲武藤畜産の武藤維彦さん

11月15日、京都市中央市場の第二市場で開かれた「第62回近畿東海北陸連合肉牛共進会」に岐阜県勢が参加し、最優秀賞(農林水産大臣賞)を受賞しました。
この共進会は、肉牛の改良繁殖に寄与し、その普及を促すと共に、肉牛の飼養管理・経営技術の向上および農家の総合生産力を増強し農家経済の向上と合理化を図ることを目的としています。また、全国有数の規模で開催されるこの共進会は飛騨牛、松阪牛、神戸ビーフ、近江牛などのブランド牛が一堂に会することから全国的にも注目されています。

枝肉写真

そのような中、岐阜県勢は第1部(雌牛の部)に2頭、第2部(去勢牛)に8頭の計10頭を出品し、審査の結果、JAめぐみの管内の㈲武藤畜産が最優秀賞を受賞し、同時に農林水産大臣賞も受賞しました。
また、共進会では岐阜県勢が6頭も入賞しました。このことは岐阜県の肉牛飼育管理技術の高さと飛騨牛の肉質の良さを大いにPRすることとなりました。
なお、今回のセリ結果については添付データをご覧ください。

ADOBE READER

PDFファイルをご覧になるにはアドビシステムズ社より無償で配布されているAdobeReaderが必要です。お持ちでない場合は、左の”Get Adobe Reader”アイコンをクリックしてください。