詳細

2015年の和牛子牛の初市を行いました。

2015年01月20日

畜産販売課

雌牛、去勢牛共に前年価格を上回る

子牛のセリ市の様子。繁殖農家が丹精込めて育てた子牛が並びます。

JA全農岐阜は、1月8日、9日に高山市冬頭町の全農岐阜飛騨家畜流通センターで、2015年の和牛子牛の初市を行いました。
当日は断続的に雪が降る中、子牛469頭が取引されました。雌、去勢を合わせ1頭当たりの平均価格は60万7,011円(税込)となり、全国的な素牛高の中、前年初市の約7%(4万4,100円)高の取引となりました。
最高価格は雌で81万3,240円(税込)、去勢で72万7,920円(税込)でした。