詳細

飛騨子牛市場と関肉牛市場で2018年初市を行いました。

2018年01月26日

畜産販売課

JA全農岐阜は1月8日、9日の両日、高山市冬頭町のJA全農岐阜飛騨家畜流通センターで2018年の飛騨子牛市場の初市を開催し、去勢238頭、雌200頭の合計438頭が上場しました。
セリの前にはJA全農岐阜の桑田博之県本部長が挨拶し、初市での活発な取引をお願いしました。
両日とも、県外からも多くの購買者が来場し、活発なセリ市が行われた結果、1頭当たりの平均価格は78万3473円(税込)と、前回の市場平均価格を5万円程度上回る取引となりました。

また1月15日には、関市西田原の関家畜流通センターで関肉牛市場の初市を開催しました。去勢34頭、雌12頭の合計46頭が上場し、1頭当たりの平均価格は148万7982円(税込)の取引となりました。

ADOBE READER

PDFファイルをご覧になるにはアドビシステムズ社より無償で配布されているAdobeReaderが必要です。お持ちでない場合は、左の”Get Adobe Reader”アイコンをクリックしてください。