詳細

「和牛甲子園」初代チャンピオンに岐阜県立飛騨高山高等学校!

2018年01月26日

畜産販売課

全国農業協同組合連合会(JA全農)は1月18~19日、東京都中央卸売市場食肉市場で「第1回和牛甲子園(第1回全国農業高等学校和牛枝肉共励会)」を開催し、総合部門で岐阜県立飛騨高山高等学校が最優秀賞を受賞しました。

初の高校生による和牛枝肉共励会

この共励会は、将来の畜産業の後継者たる農業高等学校の生徒に情報交換・交流の場を提供し、参加者の肥育技術と生産意欲の向上を図るとともに、わが国の農業の後継者・担い手の育成に資することを目的としています。
初めての開催となった今回は、全国8県15校から21頭が出場し、枝肉の肉質と日頃の取り組みの内容を競い合いました。
岐阜県は、岐阜県立飛騨高山高等学校から2頭、岐阜県立加茂農林高等学校から1頭が出場しました。

総合部門で飛騨高山高等学校が最優秀賞を受賞!

飛騨高山高等学校の取組発表【撮影:竹田宗司氏】

審査は肉質評価と総合評価に分かれ、肉質評価では、両校とも優秀賞を受賞しました。さらに、取組発表を合わせて審査した結果、取組内容が評価され、総合部門で飛騨高山高等学校が見事、最優秀賞に輝きました。
詳しい結果は添付データをご覧ください。

加茂農林高等学校(左2人)と飛騨高山高等学校(右2人)【撮影:竹田宗司氏】

「第1回和牛甲子園」結果一覧(岐阜) pdf[9.8 KB]

ADOBE READER

PDFファイルをご覧になるにはアドビシステムズ社より無償で配布されているAdobeReaderが必要です。お持ちでない場合は、左の”Get Adobe Reader”アイコンをクリックしてください。