詳細

JAぎふ本巣カントリーエレベーター改修工事が完了!!

2018年02月27日

施設設計課

改修工事を行った本巣CE

2月13日、本巣市見延の本巣カントリーエレベーター(以下CE)改修工事が完了し、JAぎふへ引渡となりました。
工事は古くなった籾摺(もみすり)プラント・自動給袋機の更新と、金属検出機・パレタイザーの新設を行い、施工管理業務をJA全農岐阜が担当しました。

籾摺機と自動給袋機は建設当初からの機器を使っており老朽化が顕著であったため、最新機種へ更新しました。
処理能力が向上すると共に、新しい籾摺機は見やすく操作しやすい操作盤で、メンテナンスし易い構造となりました。さらに、籾摺作業に関する履歴を自動記録するため、トレーサビリティー機能が向上します。
また、金属検出機は30kgの米袋に製品化した後行程に設置し、袋の中に金属が含まれていないかを検知します。パレタイザーの導入については、米袋をパレットへ積み付ける作業が機械化され、作業員の労力を軽減し、効率的な作業が可能となります。
これら一連の改修工事で、今まで以上に安全・安心なお米を出荷できるようになりました。
 
今後もJAグループとして、安全・安心な農産物を出荷する施設づくりに取り組んでいきます。

■施設概要
工事名:JAぎふ本巣CE改修工事
請負業者:ヤンマーグリーンシステム株式会社
所在地:岐阜県本巣市見延247
主な工事内容:籾摺機更新(3.0t/h玄米)、自動給袋機更新(200袋/h・30kg)
       金属検出機設置、パレタイザー

自動給袋機の更新

籾摺プラントの更新

金属検出機の新設

パレタイザーの新設