詳細

実需者にたかやまもちをPR!産地交流会

2018年11月12日

米穀販売課

たかやまもちの品質を実際に見ていただきました

JA全農岐阜は9月28日、飛騨市古川町のJAひだ吉城営農センターで、たかやまもち産地交流会を行いました。交流会には、販売先の実需者や関係機関が参加しました。
この交流会は、もち米の需要が高まる年末年始を控え、たかやまもちの販売先である実需者・関係機関を産地に招くことで、30年産たかやまもちの品質状況や集荷状況などを実際に見ていただくこと、たかやまもちについてより知っていただくことを目的としています。
この日は、JA担当者から30年産たかやまもちの生産や集荷、品質状況などについて報告があり、その後は同施設の敷地内にあるカントリエレベーターに移動し、施設の概要について説明もありました。
実需者との意見交換の時間もあり、生産側・販売側双方の交流や理解を深める良い機会となりました。