詳細

「ユニセフ子どもの広場2018」チャリティバザーに参加しました。

2018年11月15日

企画管理課

夢中で輪投げをおこなう募金の協力者

JA全農岐阜は11月10日、JR岐阜駅北口の信長ゆめ広場で開催された、日本ユニセフ協会協定地域組織と岐阜県ユニセフ協会が主催する「第7回ユニセフ子どもの広場2018」のチャリティバザーに参加し、募金の協力を呼び掛けるとともに、岐阜県産農産物のPRを行いました。

チャリティバザーでは会場にゲームコーナーを設け、1回100円の募金で岐阜県産のトマトや柿、美濃いび茶が景品としてもらえる輪投げゲームを行いました。イベント当日は快晴に恵まれたため、多くの家族連れで賑わい、大人も子どもも、お目当ての景品を取ろうと、輪投げに夢中になっていました。また、バザーを通して地元の農産物に親しんでいただく良い機会になりました。

募金活動は、多くのボランティアスタッフが会場や街頭で協力を呼びかけ、たくさんの方々のご支援をいただくことができました。JA全農岐阜は、今後も世界の子どもたちの命と健康、未来を守るユニセフの活動に積極的に取り組みます。