詳細

JAめぐみの「里芋選別施設」能力増強工事が完了しました。

2019年03月29日

施設設計課

完成報告会のテープカット

JAめぐみのは3月19日、関市小瀬で、能力増強工事を終えた「里芋選果施設」の完成報告会を行い、関係者22人が出席し完成を祝いました。この増強工事は平成30年度産地パワーアップ事業を活用して実施され、JA全農岐阜は施主代行者として基本仕様の作成や施工管理業務などを担当しました。

生産・集荷・出荷量の増加へ!

増設された選別機

当選果場は、平成20年3月に設置以来、10年にわたり中濃地域で生産・集荷された里芋を市場へ出荷してきました。今回の工事で、新しい選果施設はこれまでの年間144tから266tを処理できる能力になりました。今後は生産・集荷・出荷量の増加が見込まれ、産地としての競争力強化が期待されます。

JA全農岐阜は、今後も農産物の品質向上、作業環境改善に向けた共同利用施設の設備更新・増強提案に取り組んでいきます。