詳細

テーブルマーク(株)×深耕ファーム産地視察交流会を開催しました。

2020年09月15日

米穀販売課

JA全農岐阜は8月28日、パックご飯など加工米飯の製造と販売も手掛ける大手食品メーカー「テーブルマーク㈱」を産地へ招き、契約栽培している業務用多収穫米の収穫を前に圃場視察と意見交換会を行いました。
当日はテーブルマーク、JAぎふ羽島管内で多収穫米に取り組む深耕ファーム、岐阜農林事務所、JAぎふ、全農の関係者あわせて16人が参加。多収穫米品種の「ちほみのり」と「ほしじるし」の生育状況を確認しました。その後、JAぎふ羽島東店に移動し、深耕ファームの概要やテーブルマークにおけるパックご飯の製造方法などを紹介したのち、「どの程度まで面積拡大が可能か」「実需者が求めることは何か」など、将来展望や求める品質に関して活発な意見交換が行われました。
交流会を通じて相互理解を深め、継続的な取り引きに向けて信頼関係を築く契機となりました。

収穫間近の圃場を前に写真撮影する関係者一同

意見交換会の様子